y.K

<入社のきっかけ> 私は韓国出身で、多摩美術大学のグラフィックデザイン科に合格したのが日本での生活の始まりです。

日本と韓国は同じアジアであり、距離も近いし言葉も似ているのに文化や感情表現等は大きく違っていることに驚きました。

「なぜこんなに違いがあるんだろう。子供の頃の経験が影響しているのでは?」この疑問が子育てに興味を持つきっかけとなり、育児のサポートをすることに魅力を感じ、ケイジェイシーに入社いたしました。 <部署/業務紹介> 私の所属する部署では、育児に関する思いやり、アイディアを「カタチ」にする仕事を行っています。 その中でも私は、グラフィックデザイナーとして主に商品パッケージの制作を担当しています。

パッケージは限られた売り場の中で、商品の特徴、魅力をいかに表現するか、毎日苦悩しながらもやりがいを感じデザインしています。

また、展示会の設営やブースデザイン、店頭販促物、製品の転写デザインなど神媒体以外のデザインも多く携わっています。 <今後の目標> パッケージは、お客様の手元に商品が届いたら、役目を果たし捨てられてしまうものですが、今後は商品も良いが、パッケージの力でもヒットしたと評価されるようなデザインができるようになっていきたいと思います。