what is EDISONmama? エジソンママ ブランド

エジソンママは、ママ・パパがベビーを思いやる気持ちを形にします。
例えば、ベビーがスプーンですくえるようになるのを見守る思いやり。
そのための、自然に集まる機能。

機能だけではなく、思いやりのカタチを伝えるブランドです。

エジソンママのコンセプト

子育て中のママ・パパは、とても忙しい毎日を送っています。でも、こどもが成長していくためには、たくさんチャレンジして学んでいくことが重要。それには、小さな「できた」を積み重ねる事と、あたたかく「見守る」思いやりが大切と考えます。エジソンママは、小さな「できた」を応援するあたたかい手となって、ママ・パパが「見守る」ことを楽しめる素敵な子育て環境を創るブランドです。

エジソンママのプロミス

こどもには無限の可能性があります。その可能性を伸ばすことができる何かを創造すること、それを追求することを目指します。

ベビー用品にとって安全は、すべてに優先するテーマです。 わたしたちは、安全を基本に独創性のある価値を提供することを目指します。

 

エジソンママのブランドロゴとブランドカラー

私たちは、つねに安心と信頼をやさしさで包み込んでお届けして行きたい。そんな思いを込めて、優しくやわらかで信頼の強さをロゴで表現しました。光のシンボルであり幸福の色エジソン・イエローに、安心と信頼のエジソン・ブラウンで綴る事で、温かな思いやりを表現しました。

フォーク&スプーン

#造りたい!

フォークの先に溝を作ったら!
あたまにうかんでからは、食事をするこどもをずっと見ていました。フォークを握って食べ物を口に持っていく動きを、何時間も何カ月も観察しました。麺はフォークから ツルッとはずれ落ちます。
先端に凹凸があるフォークもありましたが、麺を固定することはできません。こどもが、自分の手首を自由自在に動かすことは、大人が考えているよりもずっと難しいのです。
麺がひっかかる溝を作る。その結論を出してからは、ひたすら実験に没頭しました。溝の深さ、個数、形、微妙な角度。試行錯誤し、100を超える試作品を作りました。壊れにくく長く使うことができるステンレス素材の先端に一定の大きさの溝をもつこどものためのフォークは、ようやく完成と思われました。

#こどもたちのために

こどもは食べ物と一緒にフォークまでモグモグし、舌で舐めます。ステンレスの細かい溝の奥の奥まで丸く研磨する必要があるのです。怪我をする危険性は絶対にあってはならない。細かい溝の奥まで研磨するには特別な技術が必要です。技術を持つ会社を探し歩きました。日本だけではなく海外も求めました。長い時間がかかりましたが、繊細に研磨できる工場に日本で出会い、この特別なフォークは完成したのです。

ページの先頭へ