こどものストレスを減らすための5つの方法

こどもはいつの間にかストレスを抱えていることがあります。それを自分自身でどう対処すればよいかわからないときもあります。そのようなとき親はどのように接すればこどもの気持ちは楽になるのでしょうか。今回は<こどものストレスを減らすための5つの方法>をご紹介いたします。

①安心感を与える

こどもが泣くときは十分に泣くことが出来るようじっと抱きしめて安心感を与えてください。眠ることもストレスを解消するためのよい方法とされますので、こどもが深く眠ることのできる環境を作り、軽いスキンシップをして心を安定させ落ち着かせさせることを心がけましょう。

②普段からよく会話をする

少しでもよいのでこどものことを気にかけ、会話をしましょう。普段から幼稚園で起きたことや日常のことをテーマにこどもと話す習慣をつけることで、こどもは自分の感情を言葉で表現することを身につけることが出来ます。日頃からこどもと話すことで、周囲の環境変化やストレスの要因に気付くこともできます。

③自信を持たせる

こどもと接するにあたり褒めることを忘れてはいけません。褒められたこどもは自分自身にポジティブな印象と自信を持つことが出来ます。また自信を持つことでどのような状況下でもより柔軟に対応することも可能となります。

④ストレス解消の時間を作る

こどもが好きなことに集中することができるように時間と環境を作りましょう。特に日光と自然に触れあうことのできる野外活動、思い切り走って叫ぶことのできる遊びはストレス解消にも良い影響を与えてくれるのです。

⑤待つ

こどもが成長するまでゆっくり待つことも大切です。こどもを不用意に責めてしまってもそれはストレスの1つの要因になってしまうこともあります。引っ越しなどで環境が変わる場合は事前に新しい街を訪れることも良い方法です。ゆっくり自分自身の状況を受け入れて適応できるように、こどもの速度に合わせて待つことも大切です。

参考資料:「こどものストレスを減らす方法」

ページの先頭へ