~入園・入学前に準備をはじめよう~

4月まであと2週間。入園入学に向けて今からできることをはじめましょう。

事前にご家庭で出来るあいさつと片づけに関する準備方法についてご紹介いたします。

 

★しっかりあいさつできるようになろう

 

幼稚園や保育園など集団生活の中では「おはよう」「こんにちは」「いただきます」というように様々な挨拶が先生・友達と行われます。きちんと言葉を発して伝えることが人とのコミュニケーションを構築していく上で大切です。そのような時のポイントを2つご紹介いたします。

 

①両親から自発的に発する

両親が「こんにちは」「ありがとう」など言葉を日常的に使用していないといつどの言葉を使用すればよいか子どもは理解することが難しいです。率先して両親が言葉を発し、子どもが耳で聞くことで言葉自体の意味も理解することが出来ます。

 

②段階を踏んで練習する

お母さん・お父さん・おばあちゃん・おじいちゃんなど家族に近い方から「こんにちは」「ありがとう」という言葉を発することが出来るようにしましょう。段階を踏んで練習することで初めて会う方にも徐々に言葉を発することにも慣れ、自らコミュニケーションを取りに行くことが出来ます。

 

★お片付けの習慣をつけよう

「片づけなさい」という言葉は一方的に伝えてしまうとママ・パパ、そして子どもにもストレスが溜まってしまいます。そのような時どう行動したらよいかポイントを3つご紹介いたします。

 

①おもちゃ箱に目印をつける

何をどこへしまえばよいのか、イラストや写真などで分かるようにしてみましょう。目印があることで何をどこへしまえばよいのか行動がしやすくなります。

 

②片づけも遊びにする

一緒に片づけをするときや兄弟がいる場合は「どっちがたくさん片づけられるかな?」「●秒で片づけてみよう!」など、片づけ自体を遊びにして行いましょう。「片づけ=面倒なもの」とするのではなく、遊びながら楽しく進めることで片づけの意欲増加につながります。

 

③場所を聞く

「これはどこに片づけるの?」と聞いてみましょう。そうすると、お子様は場所を教えて片付けてくれるでしょう。

また「〇時になったら片付けよう」「片づけが終わったらおやつを食べよう」など先の情報を伝えることで、スムーズに気持ちを切り替えることが出来ます。

 

■あいさつもお片づけもすぐにできるようになることは難しいです。できない場面に遭遇しても子どもを責めずに見守りましょう。子どもを怒ったり、責めて逆に意識してしまったり、自分で納得しないまま行動に移しても身につくことはできません。練習をすることのできる環境を整え、子どもの年齢・性格を考慮し個々の適性を考えながら準備を進めていくことが大切です。

 

ページの先頭へ